BUSINESS

  1. TOP > BUSINESS > 国際物流事業本部

世界に想いを届ける。

NNR GLOBAL LOGISTICSのブランド名で海外の主要国を網羅する営業・営業ネットワークを構築・拡大し、
航空や海上輸送を中心に国際複合一貫輸送、また、在庫管理などのロジスティクス事業など
国際間の物流をトータルにコーディネートする国際物流事業本部。

NNR GLOBAL LOGISTICSは、そんな「モノ」の流れにおける縁の下の力持ちとして
世界中にお客様の想いを届けます。

海外ネットワーク

当社は、1971年にアメリカでの現地法人設立を皮切りに、急速にグローバル化する物流事情に対応すべく、世界5極体制(日本、北中南米、欧州、中華圏、アジア・オセアニア)を構築し、積極的に海外ネットワークを拡大させています。
海外拠点としては、スラバヤ、チェンカレン(いずれもインドネシア)、ブリスベン(オーストラリア)、コーチ(インド)、ドバイ(アラブ首長国連邦)等に支店を開設し、2018年5月にはニュージーランド、2018年10月にはフランスに現地法人を設立しました。現在の海外拠点数は28の国・地域、115都市となっています。

AEO制度

国際物流における安全確保と円滑化を図り、国際競争力を強化するため、日本では2006年にAEO制度が導入されました。
AEO制度は、WCO(世界税関機構、World Customs Organization)においてそのガイドラインが採択され、諸外国においても導入が進んだ、国際的にも広く認知されている制度です。
現在は諸外国との間で相互認証が積極的に進められており、相手国と相互に税関手続上の便益を与えることが認められています。
「にしてつ」はこの制度にいち早く着目し、導入当時から準備を進め、2009年1月に特定保税承認者、2011年2月に認定通関業者、2014年11月に特定保税運送者の承認を得、日本の大手フォワーダーで初となる、AEO認証制度3冠を手にしました。

WACO

WACOグループとは、1973年にイギリス、スイス、オランダ、フランス、オーストラリア、南アフリカ、カナダの航空貨物事業者の代表者によって設立された組織です。
基本は1カ国=1事業者で構成される組織で、・各事業者のネットワーク補完を役割とし、自社ネットワークを持たない地域にもWACOを利用することで貨物輸送が可能となります。
現在、世界114カ国から事業者が加盟しており、メンバー全体で航空貨物・海上貨物あわせて毎年200万トン以上の貨物を取り扱っています。
当社は単独混載を開始した1983年5月15日に加盟し、日本で唯一WACOグループに加盟している事業者です。

SPECIAL INTERVIEWS

PERSON

TOPTOP