BUSINESS

  1. TOP > BUSINESS > 自動車事業本部

まちを結ぶ。

保有車両台数はグループ合わせて約2,800台、年間利用客数は
約2億7,000万人。

地域のお客さまの暮らしのそばに居続けるために、
業界に先駆けた取り組みを続けます。
西鉄バスは、今日もお客さまの想いを乗せて、まちからまちへ走ります。

マルチモーダルモビリティサービス
「my route」実証実験開始

西鉄とトヨタ自動車㈱は、交通および店舗・イベント情報のサービサー8社と協力し、2018年11月1日より、スマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」の実証実験を福岡市で開始します。my routeは、「店舗・イベント情報の提供」から実際の「移動手段の検索・予約・決済」まで、移動に関する一連の機能をアプリひとつで提供し、福岡市内における「円滑な移動のサポート」や「街の賑わいの創出」への貢献を目指します。

交通データを活用した次世代
バス事業に関する協創

西日本鉄道㈱と㈱日立製作所は、持続可能な公共交通モデルの構築に向け、次世代バス事業に関する協創を開始しました。
協創の第一弾として、先端のICTを活用し、バスダイヤ運行計画支援システムの構築に取り組みます。バスの走行実績やバスの乗降に関する統計データを活用して、停留所ごとの乗車・降車の需要を分析し、出発地・目的地ごとの需要や運行本数、方向別の利用者数などを地図上に可視化する等、最適なダイヤ編成に向けた取り組みを強化します。

交通システム「都心循環BRT」
導入への取り組み

福岡市との協働事業で、「都心循環BRT」の形成に向けた取り組みを進めています。現在、2台のバスを1台につなげたデザイン性の高い連節バスの試行運行を実施しており、福岡市都心部の天神・博多・ウォーターフロント地区を循環しています。
今後は、シンボリックなバス停整備、鉄道やバスとの乗り継ぎ強化により、"従来より速く、時間どおりに"たくさんのお客さまをお運びする分かりやすく使いやすいシステムを目指します。

バスナビアプリ

どこでどのバスに乗ったらいいか、分からない時にサッと使える西鉄公式のスマートフォン専用無料アプリ。バス停の検索や遅延情報など、バスご利用時の不安やイライラを解消するためのシステムです。ご意見・ご要望などをヒントに、随時改良を進めています。

SPECIAL INTERVIEWS

PERSON

TOPTOP