TALK MEMBER自動車事業

益田 彩加自動車事業本部 未来モビリティ部
ICT推進課
2018年入社

荒木 元太朗 自動車事業本部 計画部
計画課
2013年入社

バスの未来を明るく照らしてお客さまの喜びにつなげていく

荒木
お互い入社以来、ずっと自動車事業本部でバスの仕事に関わっているね。僕は就活のときにUターンするかどうか少し迷ったんだけど、西鉄の幅広い事業内容と、そのすべてを通じてお客さまの喜ぶ姿を直接見られるという点に魅力を感じて決めたんだ。益田さんはどんな思いで入ってきたのかな。
益田
私は生まれたときからすでに不景気で、少子高齢化が不安視される中で育ってきて、あんまり明るい未来が見えなかったんです(笑)。それでも故郷である九州が寂しいまちになるのは嫌だという気持ちが強かったんです。西鉄はバスや電車とその路線沿いのまちをつくっているので多角的にまちを元気にする力がありますよね。そこに関わりたくて入りました。
荒木
そうだったんだね。自動車事業本部には、運行時刻(ダイヤ)やルートを考える仕事や、バスの魅力を伝える営業企画、事業全体を取りまとめる計画課などいろんな仕事がある。そのなかでも益田さんが今いる未来モビリティ部は先進的な取り組みをしているね。
益田
はい、時刻表に合わせて決まった経路を、決まった時間で走行するこれまでのバスとは違う、乗りたい人が乗りたいときに呼べるオンデマンドバスの企画開発・マーケティングを行ったり、バスナビアプリに便利機能を追加したり、最新技術とバスの組み合わせで何ができるかを考えています。
荒木
私は、バスの現状の収支や利用状況を分析し、より良い方向に持っていくために次年度以降の計画や中期経営計画の方針を立てているよ。益田さんのプロジェクトとも情報共有しながら進めているよね。前例のないコロナ禍においても日々状況を見ながら、今お客さまのために何をすべきかを常に考えている。お互い違う角度からバスの未来を明るくする仕事に携わっているね。

前例のないことに挑戦し、名付け親になる貴重な経験も

益田
荒木さんは、自動車事業本部の中でもいろんな経験をされていますよね。
荒木
そうだね、福岡市の南部エリアのダイヤやルートの検討を担当したり、営業企画部では、西鉄バスのプロモーションの一環として「ババ・バスオ」という西鉄バスの公式キャラクターを考えたりと、いろんな仕事をしてきたよ。「ババ・バスオ」が、とある選手権で日本一に選ばれたときは、うれしかったな(笑)。益田さんもAIを活用したオンデマンドバスに「のるーと」って名前をつけたんだよね。
益田
そうなんです。「のるーと」は、時刻表がなく、アプリで予約をして乗っていただく新しい形態のバスで、路線バスとタクシーの中間みたいな存在ですね。AIやオンデマンドといった難しそうな言葉を使っていても、地域の皆さんの足となるバスなので、ネーミングも覚えやすく親しみやすい名前が良いなと。福岡の方言“乗ると”とAIが導いてくれる「Knowroute」を掛け合わせました。ずっと残っていくプロジェクトの立ち上げに関わり、名前をつけることができて本当に光栄でした。
荒木
「のるーと」のプロモーションチームには私もいたから近くで見ていたけど、益田さんは入社直後と思えないほどしっかり自分の意見を伝えることができていて、他社の方々も「益田さんが言うなら」と信頼してくれていたよね。またそれとは別で「まちづくり交通ラボ」という若手社員の成⾧を促すプログラムで幹事メンバーとしてみんなを引っ張っている姿も目にしていて、本当に素晴らしい。後輩ながら尊敬しているよ。
益田
光栄です。ありがとうございます!私、結構ハマりやすい性格で、「これ何だろう」と興味を持ったら徹底的に調べるんですよね。西鉄に就職してからその習慣が役立っているような気がします(笑)。今、業務でバス関連のシステム管理の改修もやっているのですが、文学部出身でシステムエンジニアでもないので最初は右も左もわからなかったんです。いろんな人に教えてもらいつつ、自分で調べているうちにくわしくなってきました。
荒木
私たちの仕事はチームや社外の仲間の力あってのものだから、益田さんのように勉強熱心でリーダーシップを発揮できる人は頼もしい存在だね。私も普段から挨拶を大事にしたり、「気持ちいい人間たれ」と心に留めながら仕事しているよ。

個性や強みを生かして活躍できる場がそこかしこに

荒木
バスの仕事に関わる上でやりがいを感じる部分や、忘れられない経験はあるかな。
益田
やはり「のるーと」でしょうか。最初は東区のアイランドシティ地区からスタートしましたが、名前をつけたり、デザインに関わったりしたので、感慨もひとしおで、実際に車体の形になった姿を見た運行開始記念式典では感動して泣きそうでした。先輩方のおかげで1年目から遠慮せず、自分の意見を言うことができてよかったと思いました。今は、西区の壱岐南エリアでも運行していますが、ご高齢の方々も「『のるーと』に乗って…」と会話してくださっているのを聞くと、まちを元気にするお手伝いができたようでうれしく思います。
荒木
すごくわかるよ。私も数年前にバスの新しい運行ルートを企画・実現したんだけど、今振り返ればそれが転機だったんだ。企画当初、新しいバス停ができることは、その地域の方々にとって便利でうれしいことだろうと思っていたんだ。だけど、実際には早朝のバスの騒音やゴミで散らかるんじゃないかという不安をお持ちの方もいらして、最初からすんなりとは進まなかった。例えば、「朝○時までは外向きのアナウンスはしない」とか「ゴミのポイ捨てがないようにバス停で注意喚起のステッカーを貼る」とか地元の方に安心していただけるような取り組みをしたんだ。結果、バスが走り出した日に地域の方々が時刻表をうれしそうに見に来てくださってね。今でもその景色が忘れられないよ。安心して便利であることを楽しめるような環境を整えるのが私たちの仕事なんだって改めて実感したよ。
益田
西鉄って、若手のうちから本当にいろんな仕事をまかせてくれますよね。上司に「好きにやっていいよ。責任は持つから」と言われたことがあって、すごく心に残っているんです。間違いそうになったら教えてくださるけれど、個性を生かして良いところを伸ばそうとしてくださる先輩方が多くて伸び伸び成⾧できるんです。
荒木
その言葉をかけたのが僕じゃなかったなんて残念だな(笑)。西鉄は、地元に根差した会社というイメージがあるから、入る前はややもすると多様性に欠ける部分や前例にこだわるところもあるのかなと想像していたけど、入ってみたら全然違った。以前、会社の制度でニュージーランドのオークランドに3週間研修で行かせてもらったんだ。福岡以上にICカードの利用率が高いオークランドで、その普及方法等意見交換してきたよ。それから「福ビルイノベーションプロジェクト」では、バス部門に限らず、部署の枠を超えていろんな視点を持った仲間と働く経験もできた。前例にこだわらず、良いと感じたらやってみようというムードや、自分の得意分野を生かして活躍できる場に恵まれている会社だと感じるよ。
益田
文系出身でこんなにクリエイティブにまちづくりに関われるなんて想像以上でした。これからもいろんなプロジェクトや事業を経験して、福岡や九州をもっと元気にしていきたいです。
荒木
そうだね。先輩後輩関係なく、ともに学び、刺激し合いながら会社やまちを明るく照らしていこう。

記事内容および所属は取材当時のものです。

INTERVIEWS

  • INTERVIEW自動車事業

  • INTERVIEW鉄道事業

  • INTERVIEW住宅事業

  • INTERVIEW都市開発事業

  • INTERVIEWホテル・レジャー事業

  • INTERVIEW国際物流事業

  • INTERVIEW技術部門 自動車

  • INTERVIEW技術部門 鉄道電気

  • INTERVIEW技術部門 鉄道車両

  • INTERVIEW技術部門 鉄道土木

  • INTERVIEW技術部門 建築

  • INTERVIEW技術部門 建築電気・設備

TOPTOP