TALK MEMBER住宅事業

久保 紘子 住宅事業本部 マンション事業部
商品企画課 2018年入社

満永 圭亮 住宅事業本部 海外事業開発部
2018年入社

面接でまっすぐ向き合い、ありのままの自分を出せた

満永
僕らは同期入社の中でも、お互い大学院出身だったり、同じ住宅事業本部出身と共通点が多いよね。
久保
そうね。1・2年目は私が戸建住宅の営業販売を担当していて本社にいなかったけど、3年目からはマンションの商品企画に異動になって同じフロアで働いているから、顔を合わせる機会も増えたよね。
満永
そうだね。僕は入社から異動なしでずっと海外事業を担当していて、久保さんとは直接仕事で一緒になるわけではないけれど、同じフロアにきてくれて心強いよ。久保さんはどうして西鉄に入社したの?
久保
学生時代に建築を専攻していたからゼネコンや設計会社などいろいろ考えたけれど、ハード面とソフト面の両方からまちづくりに関われる西鉄の事業に興味を持ったんだよね。加えて、広島出身で九州には大学からしか住んでいないんだけど、せっかくなら少しでもゆかりのあるまちで働きたくて。でも、最後の決め手は就活中に出会った社員の方の人柄かな。大勢のうちの一人、として接するのではなくて、私の考えや思いに寄り添ってくれる姿がとても印象的だった。そのおかげもあってか、私も取り繕うことなく自然体で話すことができたんだよね。
満永
そうだったんだね。僕は熊本出身で、地元九州の発展に貢献できるような仕事に携わりたいと考えていたんだ。西鉄は公共交通だけでなく、レジャーや不動産など多方面で展開しているから色々な経験を積ませてもらえそうな点が特に魅力的だった。それから、僕も久保さんと同じように働いている社員の方の人柄に魅かれたよ。会うたびに「ここで働きたいな」という思いがどんどん強くなっていったんだ。

業務を通じての幅広い経験を糧に成長

久保
入社してすぐは戸建の販売担当になるなんて想像していなかったから最初は驚いたけど、今マンションの商品企画の仕事をする上でも大きな意味を持つ経験だった思う。家って人生でいちばん大きな買い物だから、お客さまにとって本当に悔いのない選択をしていただけるだろうかって、契約から引渡まで日々責任を感じながら接客をしていたの。そうしたら、あるお客さまから「営業担当が久保さんだったから西鉄の家を買いました」と言っていただけて、できる限りまっすぐ向き合ってきたことがちゃんと伝わったような気がしてほっとしたね。今はマンションのコンセプトや間取りを決めたり、商品企画をする立場だけど、お客さまの言葉や販売する人たちのことも忘れずに仕事をしていきたいと思う。
満永
いろんな経験がその後の糧になるというのは幅広い事業を行う西鉄ならではだよね。僕は今、海外事業の経営計画立案に携わっているんだけど、未来の目標利益や事業計画をまとめることで、これから自分が携わっていくプロジェクトの大きさを改めて実感してる。ベトナム、インドネシア、タイでの分譲住宅事業以外にも、最近はアメリカで物流倉庫や賃貸住宅を展開したり、新しい事業にも挑戦しているから緊張もするけど、やりがいがあるんだ。
久保
新しいことへの挑戦が日常的にあるよね。満永くんも元々は海外事業を担当するなんて想像していなかったんじゃない?
満永
そうなんだよね。英語が得意だったわけでもないし、驚いたよ。今のチームでは、これからどの国のどの地域にどんなまちをつくっていくかという計画をしたり、収支予測を立てる仕事をしているんだけど、学生時代に学んできた知識だけでなくさまざまな知識が求められるんだ。だから日々知らないことばかりで、法律や会計・税務の専門家に相談しながら、仕事を通じて勉強中だよ。海外事業開発部はできたばかりでこれまで経験したことがないような場面に直面することも多くて、刺激を感じている。海外の駐在法人や現地のパートナーの方々とやり取りをすることが多いんだけど、語学だけじゃなく慣習や文化、考え方なども全然違ってびっくりすることも少なくないよ。
久保
仕事を通じて新しい知識を得たり、勉強することの連続だけど、そのたびに成⾧を実感できるね。
満永
周囲の上司や先輩方も尊敬できる方が多いし、すごくモチベーションが上がるよね。学びやすいようなサポートもしてくれてありがたいなと思う。

経験が強みに変わり、成長するのを肌で感じて

満永
仕事していく上で意識していることってどんなこと?
久保
常に様々なプロジェクトが同時進行していて、それぞれたくさんの方々とやりとりしながら業務を進めていかないといけないから作業リストをつくって優先順位を間違えないように意識しているかな。多くのチームの起点となるような立場にいるから、私の判断で時間を取ってしまうと、その後バトンを受け取ってくださる工事担当や販売担当の方々に迷惑を掛けかねない。だから時間管理は特に細かく気を遣っているね。あとは自分から話しかけたり、メールを送る際に電話も添えたりとなるべくコミュニケーションを積極的に取っているかな。
満永
社内外含めて、いろんな人と情報共有をして連携したり、お願いごとをする機会も多いもんね。僕も仕事を依頼するときはできるだけ客観的に「なぜそれが必要なのか」、目的を伝えて、相手が納得して対応してもらえるように工夫しているよ。海外不動産事業は会社にとっても新しい挑戦だから、初めての壁にぶつかることも多いんだよね。だから自分たちが勉強することも大事だけど、海外現地の方々と一緒に解決していくということを強く意識しているかな。大変な分、乗り越えたときの達成感は大きいし、成⾧を肌で感じられる。
久保
開拓精神を持って成⾧していけるのは楽しいね。私もいろんな経験をしながら成⾧して、幅広い知識を持ったマルチプレーヤーになりたいな。西鉄でやっているたくさんの事業を通してそれぞれのスキルを身につけていくことが目標だね。
満永
そうだね。一人が担当する業務の幅も広いから、周りからも頼られる存在になれたらいいな。好奇心旺盛な人だったら西鉄はやりがいを持って働ける環境だと思うよ。僕も久保さんに負けないように頑張っていきたい。

記事内容および所属は取材当時のものです。

INTERVIEWS

  • INTERVIEW自動車事業

  • INTERVIEW鉄道事業

  • INTERVIEW住宅事業

  • INTERVIEW都市開発事業

  • INTERVIEWホテル・レジャー事業

  • INTERVIEW国際物流事業

  • INTERVIEW技術部門 自動車

  • INTERVIEW技術部門 鉄道電気

  • INTERVIEW技術部門 鉄道車両

  • INTERVIEW技術部門 鉄道土木

  • INTERVIEW技術部門 建築

  • INTERVIEW技術部門 建築電気・設備

TOPTOP