BUSINESS

  1. TOP > BUSINESS > 住宅事業

西鉄ならではの良質な住まいを。

西鉄は100年を越える歴史の中で、お客さまのニーズに合わせ、様々な住空間を提供してきました。
その展開は今や福岡に留まらず、首都圏や海外にまで及んでいます。

一生の買い物だからこそ、それにふさわしい「あんしん」を。
多くの時間を過ごす場所だからこそ、とっておきの「かいてき」を。
西鉄の住まいは、お客さまの「毎日」に寄り添います。

インドネシアにて戸建住宅
「ASERA NISHI」販売開始

インドネシア・ブカシエリアにて、ダマイプトラグループとの共同事業による戸建住宅「ASERA NISHI」の販売を、2020年9月より開始しました。首都・ジャカルタ市に隣接するベッドタウンで、急速な人口増加と産業の発展が続くブカシエリア。開発コンセプトを「Balance」とし、「仕事とプライベート」どちらも充実させられるまちづくりを目指しています。開発地内には、公園や緑豊かな植栽を設けるほか、建物もテレワークや衛生管理に配慮するなど、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応しています。
西鉄は今後も良質な住環境を提供していくとともに、海外不動産事業を着実に推進していきます。

超高層賃貸住宅開発事業
「Block98Project」

アメリカ合衆国テキサス州において、大和ハウス工業株式会社とともに超高層賃貸住宅開発事業「Block98Project(ブロックナインティエイト プロジェクト)」を推進しております。本プロジェクトは、人口増加が著しいテキサス州ヒューストンのダウンタウンで、地上43階建て総戸数307戸の超高層賃貸住宅を開発するものです。共用部には会議室や屋外テラスを設けるほか、最上階には屋外プールも設置。ダウンタウンの景色を一望することができます。公園やショッピングセンターが徒歩圏内に存在し、交通利便性も良い好立地での開発です。

シニアマンション
「サンカルナ久留米」

『サンカルナ久留米』は、居室数306室(うち介護専用居室34室)と九州最大を誇るシニアマンションです。
これまで培ってきた安心の介護サービスに加え、快適にお過ごしいただくための充実した共用部やIoT技術を活用した健康管理サービス、地域と連携したサービスなど高付加価値サービスを提供します。
共用部は、ゆったりとくつろげる天然温泉や緑豊かで広大なコミュニティガーデン、情緒あふれる中庭や、花火大会の日には花火を見ることのできる展望ラウンジ、ホテルのような高級感のあるエントランス・レストランといった充実した設備が特徴です。

拡大を続ける
西鉄のマンションブランド

1994年より「SUNRIANT(サンリヤン)」を主力ブランドとして分譲マンションの供給を行い、九州屈指のディベロッパーに成長した西鉄のマンション事業。2021年3月にも新たに「サンリヤン別府四丁目」が誕生します。近年では、「美しさ」「快適性」「安心性」をテーマに創造する都心型コンパクトシリーズ「BLANTON(ブラントン)」も立上げ、住宅事業の更なる強化を図っています。福岡のみならず首都圏にもマンション事業を展開し、未来に残る住まいづくりを目指しています。

INTERVIEWS

PERSON

TOPTOP