BUSINESS

  1. TOP > BUSINESS > 住宅事業本部

西鉄ならではの良質な住まいを。

西鉄は100年を越える歴史の中で、お客さまのニーズに合わせ、様々な住空間を提供してきました。
その展開は今や福岡に留まらず、首都圏や海外にまで及んでいます。

一生の買い物だからこそ、それにふさわしい「あんしん」を。
多くの時間を過ごす場所だからこそ、とっておきの「かいてき」を。
西鉄の住まいは、お客さまの「毎日」に寄り添います。

ベトナムでの大規模住宅開発プロジェクト「WATER POINT」

ベトナム・ロンアン省・ベンルックにおいて、ベトナムの大手住宅デベロッパーであるベトナム南部の大手住宅デベロッパーであるナムロン インベストメント コーポレーションとの共同分譲住宅事業「WATERPOINTプロジェクト」に着手します。
当プロジェクトは3,000区画超の戸建住宅を中心に約165haにわたる大規模住宅開発で、敷地内には学校や病院、バス停などの共用施設の他、スーパーマーケットなど暮らしを支えるための商業施設も配置される予定で、利便性の高い住環境を提供します。
当エリアからホーチミン市内に向けた高速バスを通勤・通学の時間帯は約5~15分間隔で運行する計画であり、西鉄がこれまで培ってきたバス事業のノウハウを十分に発揮し、公共交通と一体となったまちづくりを行う予定です。

インドネシアにおける住宅開発
「ザ・ベランダ」

インドネシア・南ジャカルタにおいて、現地デベロッパーであるプラウインタン社と共同で分譲マンション「ザ・ベランダ」を開発します。南ジャカルタは人口200万人を超えるエリアで近年多くの高級住宅の開発が進んでおり、今後も高い住宅需要が見込めるエリア。敷地内には、住民専用の庭園やジム、プールなど充実した共用施設を配置し、快適性および利便性の高いライフスタイルを提供します。

大規模開発プロジェクト「あすみ」

天神大牟田線の急行停車駅である三国が丘駅西側において、「あすみ」プロジェクトを進めており、255区画の戸建住宅や63戸の分譲マンション、138戸のシニアマンションを建設しています。子育て・ミドル・シニアなどの異なる世代をつなぐため、集会やサークル活動に使用できる「クラブハウス」や、果物や野菜の収穫を通じて交流を育むコミュニティ農園「収穫の庭」などを整備するなど、多世代のコミュニティの活性化と安心・安全な生活環境の実現を両立し、維持・発展させていく“タウンマネジメント”を重視した一体的なまちづくりを推進しています。

シニアマンション
「サンカルナ久留米」

『サンカルナ久留米』は、居室数306 室(うち介護専用居室34室)と九州最大を誇り、これまで培ってきた安心の介護サービスに加え、快適にお過ごしいただくための充実した共用部やIoT技術を活用した健康管理サービス、地域と連携したサービスなど高付加価値サービスを提供します。
共用部は、ゆったりとくつろげる天然温泉や緑豊かで広大なコミュニティガーデン、情緒あふれる中庭「光庭ひかりにわ」、花火大会の日には花火を見ることのできる展望ラウンジ、ホテルのような高級感のあるエントランス・レストランといった充実した設備が特徴です。

都心型・新マンションブランド
「BLANTON」

都心型マンションブランド「BLANTON(ブラントン)」を立ち上げ、首都圏をはじめとした都心部を中心に展開しています。首都圏では、4棟のマンションを建設しており、首都圏での住宅事業の強化を図っています。

「BLANTON(ブラントン)」・・・利便性と居住性を兼ね備えた都心部に、「美しさ」「快適性」「安全性」をテーマに創造する都心型・新マンションブランド

SPECIAL INTERVIEWS

PERSON

TOPTOP